バトー・ムッシュ ジャポン公式サイト コンコルド橋

バトー・ムッシュ

ご出発の近いお客様
お気軽にご相談ください!

  • 03-6435-4614
  • 受付時間 月~金 12:00~17:00
MENU

パリ セーヌ川 橋ものがたり

3.コンコルド橋 Le Pont de la Concorde

フランス史で最も重要な出来事と言えば、フランス革命。日本では寛政の改革、アメリカではワシントンが初代大統領になった頃のことです。 コンコルド橋は、激動の時代を反映して、誕生後わずか40年の間に5回も名前を変えました。さて、少し歴史を振り返ると...

橋の計画は、1720年代、ルイ15世の時代にさかのぼります。 しかし、財政難のため、実現されませんでした。それから60年余り後。ルイ16世の命により、橋が着工されたのは、1787年。革命の2年前のことです。

1789年7月14日、バスチーユ牢獄の襲撃により、フランス革命は幕を開けます。破壊されたバスチーユ牢獄の石は、橋の建設資材の一部に使われました。

1791年、橋は完成。「ルイ16世橋」と名付けられます。
革命はますます激しさを増し、1792年に王政は廃止され、橋の名前も「革命橋」に変わります。フランス国歌ラ・マルセイエーズが作られたのもこの年です。ルイ16世と王妃マリー・アントワネットは、その翌年に処刑されました。
1795年、橋は「コンコルド橋」と呼ばれるようになります。その後、ナポレオンが政権を握る時代が到来します。
1814年、ナポレオンは没落し、王政が復活。 ルイ16世の弟が王位につき、橋の名前も「ルイ16世橋」に戻ります。
しかし、混乱は続きます。1830年、国王派と共和国派の対立を静めるため、ふたたび「コンコルド橋」になりました。